EDの豆知識

知らず知らずのうちにストレスをためていたり、不規則な食事を続けていたり、車での通勤による運動不足、連日のお酒の飲みすぎ、喫煙など毎日の生活パターンが原因となって起こることが多いのです。糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の方は、EDになるリスクはさらに高くなります。

EDとは、ErectileDysfunctionの略語で、勃起障害のこと。しかし勃起がまったく起こらないケースに限らず、硬さが不十分、勃起状態が維持出来ないなど、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態全般をさす。勃起障害があると、たいていは性欲が低下しますが、中には正常な性欲を保つ男性もいます。性欲の変化とは関係なく、勃起障害だと性交が困難になり、これは勃起した陰茎が挿入に必要な硬さや長さに達しない、十分に隆起しない、あるいは勃起を持続できないためです。勃起が不十分なために引き起こされる男性としての自信喪失は、職場や家族の中での自信の低下につながり、日常生活のさまざまな面に悪影響を与えるといわれています。

では、どうすればNOの分泌を促進できるのか?という話になりますが、一番大切なのが男性ホルモンの働きなんです。男性ホルモン値が高い人は性的刺激によってガンガンNOが分泌され、勃起力や勃起の持続力が高くなりますが、男性ホルモン値が低いとNOがあまり分泌されずないために、中折れなどが発生しやすくなります。男性ホルモンを高めるためには、十分に栄養を取ること、ストレスを溜めないこと、睡眠不足にならないこと、体脂肪を減らして筋肉を付けることなどが必要とされています。また適度な運動は男性機能の向上にも役立ちます。特に下半身を鍛えることが重要で、運動不足になり筋力が低下すると血液循環も悪くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です